さめろぐ

絶滅危惧種-火毒魔 Maplestory

2015年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

トードのハンマーの使い道

お久しぶりです。

気が付けば全くプレイしなくなっていましたが、
メイプル関連のブログはときどき見ていました。

そして、その中でもVer3.45のアップデートで追加されたトードのハンマーなるシステムが、
潜在能力を引き継がせる便利な機能であることを目にしました。

参考→キューブ要らずになるかも さむざむ日誌



トードのハンマーの概要としては、
低Lvの装備の潜在能力(エピック等級まで)、スターフォース強化の一部を引き継ぐといったものです。

ただし、同じ装備部位であることと、引き継ぐ装備の必要レベルが10以内であることが条件です。
また、引き継ぎ元となる装備は強化が終わっていることと、スターフォース強化が1回以上成功していることも必要です。

実際に試してみたのが次の画像です。

Maple151213_001221.jpg
引き継ぎ元となる装備です。
潜在能力でINT+2%が付いています。

Maple151213_001226.jpg

引き継ぎ先の装備です。
呪文の痕跡を使って強化を行っています。


Maple151213_001213.jpg

こちらが引き継ぎ後の装備です。
引き継ぎ前の装備から潜在能力のINT+3%を、引き継ぎ先の装備から強化能力を継続しています。

潜在能力のテーブルがLV80の装備から一段階良くなるため、
INT+2%が+3%になっています。結構有用ですね。


もったいない病で装備とかみ合っていない潜在能力のあるアイテムを保有しているので、
このシステムを使ってうまく生かしたいと思います。
スポンサーサイト

| MapleStory | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。